すそわきが | デート中のニオイ対策 トイレでサッと済ませるデリケートゾーンのケア

シャワーを浴びてから出かけても、時間が経つと、だんだんニオイが・・・。気になってしまって、せっかくのデートが楽しめない。そんな時に助かるのが、【ジャムウシート】。
デリケートゾーンに使えて、トイレに流せる汗ふきシートだから、デート中のニオイケアの強い味方。肌にやさしい。

ジャムウシート

【レディプラス プライベートケア ジャムウシート】っていう長い名前です。


  • 9種類のジャムウ
  • 黒ずみに効果的な美白成分
  • デリケートゾーンのニオイケア
  • 繊細な肌に合わせた処方
  • トイレでササッとケア
トイレに流す時は「つまり」を避けるため、1枚ずつにしてください。

シャワーを浴びてキレイにしても、汗をかけばニオイが発生しやすい体環境に。

夏のようなダラダラ汗だけでなく、冬でも目に見えない程度の汗をかいているものです。

特にデリケートゾーンは蒸れやすいので、モワ~とした臭気が漂ってくることも。

せっかく好きになってもらった相手でも、耐えられないニオイでは、お付き合いは続きません。実は私にも、そんな苦い経験があります。

ちゃんとケアしなきゃ、好きになってくれた人が離れて行ってしまうかも・・・。と心配になってしまいます。

こまめにケア

「女性は化粧室へよく行くもの」だと男性は思ってますから大丈夫。

キレイな自分を見せたいと、「努力してるんだな」と思ってくれて、好印象をもってもらいやすいです。

初デートや付き合いが浅いうちなんかは、「緊張して汗かいちゃうんだよね。」とか言って、遠慮せず「化粧直し」に行けばいいんです。

Check!>>ジャムウシート【楽天】

使い捨て「布」ナプキンで汗止め

使い捨ての布ナプキンを「汗止めパッド」として活用。

通気性が大切

市販のナプキンは通気性がよくありません。布ナプキンは通気性が良い素材で、蒸れにくくなっています。

ナプキンの素材

市販の一般的なナプキンは、ポリエステルやレーヨンなど化学繊維の素材(石油系)からできています。デリケートゾーンにとっては、あまりよくありません。

しかも、化学繊維はワキガとの相性が悪く、ニオイが出やすくなります。

布ナプキンはコットン素材

コットン(綿)は通気性が良く、吸水性も高いので、汗を吸ってくれるのでニオイの発生も少なめ。

Check!>>使い捨て「布」ナプキン【楽天】

生理痛やニオイの低減

布ナプキンを使い始めてから、生理痛がおさまった(軽くなった)とか、イヤなニオイがなくなったという感想が多く寄せられます。

これは、市販の紙ナプキンの化学物質の影響がなくなったからだと考えられます。

ポリエステルなどの素材がデリケートな肌に合わない、吸水ポリマーによって固められた経血によって子宮が冷やされ、生理痛の原因になると言われています。

すそわきがに布ナプキン

吸水性、通気性、天然素材の繊維といったメリットから、すそわきが体質には布ナプキンが合っているということです。

通常の布ナプキンは、洗うのが面倒といった点から敬遠されがちですが、「使い捨ての」布ナプキンがありますので、活用してみては?

布ナプキンは綿素材なのでトイレには流せません。

無漂白コットン「フリーナ」

準備すれば安心

「汗やニオイが出たら困るなぁ~」なんて不安になるほど、イヤな汗をかいてしまいます。

でも、しっかり準備していれば、精神的に余裕が出て、緊張感もやわらぎます。

もう、やることはやったんだからと、あとはデートを楽しむことに集中しましょう!

タイトルとURLをコピーしました