ワキガの手術って? 切らずに治療する方法もあり 子供も安心感

ワキのニオイが気になって、人に近づくことさえ怖くなるほど深刻になってるなら、手術を受けることも考えるようになります。ワキガの治療・手術って、どんな方法があるのか、調べてみました。

ワキガの手術と治療

ワキガ手術には、数種類のやり方があります。どの方法も、アポクリン汗腺を取り去ってしまうことで、ニオイの原因になるタイプの汗を止めることが基本です。

根本的な完治は可能?

100%完治する、というのは難しいようです。

アポクリン腺を働かなくする、または働きを弱めさせるということですが、クリニックや施術法の違いで、完成度に差があります。

アポクリン腺をすべて取り去ってしまうと、汗をかくことに不具合が出ますし、皮膚の機能に異常が出て壊死する(組織や細胞が死ぬこと)リスクもあります。

ですから、ある程度は残しておくのです。

再発の可能性?

残ったアポクリン腺から、ニオイ原因の汗が出ますので、それがどの程度のものかは、やってみないとわかりません。

「再発」というのは正しい言い方ではないかも知れませんが、手術でどの程度アポクリン腺を取り除けたか、によって違ってきますし、個人差もあります。

アポクリン腺が残ってはいますが、手術の前に比べれば、改善されるはずです。

しかしながら、手術しても再発して、また悩んでる人が少なからずいらっしゃることも確かです。(手術前よりはマシな状態ですが)

食事など気をつけて

いくら手術や治療しても、普段の生活も見直さないと、影響します。

「人は食べたもので作られる」といった意味の言葉を聞いたことありませんか?

体臭をおさえるためには、どんなものを食べるか、どんな食べ物を避けるか? というこが大切です。

参考>>ワキガ対策 食べ物で改善(体臭に関わる食材)

費用はどれぐらい?

保険適用なら数万円、自由診療(保険適用外)なら数十万円かかります。

ワキガ手術の種類

手術には保険適用(保険がきく)のものと、保険適用外(自由診療)のものがあります。

剪除法・皮弁法

剪除(せんじょ)法・皮弁(ひべん)法は、ワキを切開し、汗腺を見ながら切除していきます。汗腺の約80%を切除できます。

保険が適用されるため、自己負担額は5万円前後。

保険適用ですが、体へのダメージが大きめ、傷あとが残る(数cm)といったデメリットがあります。また、担当医師の技術によって、完成度に差があります。

ダウンタイムが長い

術後の回復に時間がかかり、日常生活に支障をきたします。(ダウンタイム:通常の生活に戻ることができるまでの期間)

以下の方法は保険適用外となり、自己負担の費用が高額になります。(30~50万円ほど)クリニックによって、やり方に違いがあったりして、保険適用となる場合もあります。

超音波法

超音波の振動・衝撃で汗腺を壊す方法。皮膚を数cmカットします。かたい組織を残して、柔らかい部分だけを壊します。

傷跡は小さく、体へのダメージは小さめですが、超音波の熱が皮膚にダメージを与え、ヤケドするリスクがあります。

吸引法

ワキを小さく切開し、汗腺を吸引して取り除く方法。

傷跡は、かなり小さく済みますが、取り残しが多く、再発が多いため、あまり行われなくなりました。

クアドラカット法

細い特殊なカッターで汗腺を切除します。

皮膚の切開が1cm程度と小さく、出血も少ないため、従来のワキガ手術(剪除法・皮弁法)に比べて体への負担が少ないです。傷も目立ちません。

術後のトラブル(再発等)は極めて少なく、安心感が大きな方法です。

従来のワキガ手術では

従来のワキガ手術(剪除法・皮弁法)では、皮膚を5cm以上切開し、皮膚の裏側からハサミやメスで汗腺を切除します。そのため血腫のリスクが高く、入院が必要になることも。

血腫(けっしゅ):出血により、相当な量の血液が1ヵ所にたまり、固まって腫瘤状(腫れもの)になった状態。

剪除法・皮弁法は、保険適用で比較的費用をおさえた手術とはなりますが、体への負担が大きく、私は、想像するだけでも血の気が引くような思いがしました。

術後にはワキを数日~1週間以上、圧迫固定する必要があり(大きな肩パット状態)、日常生活に支障が出ますし、人目に触れたくないとなれば、仕事をしばらく休む必要もあるでしょう。

ワキガ手術のデメリット

  • 手術費用が高額
  • 傷あとが残る
  • 痛みや出血
  • 傷の回復まで日数かかる(日常生活に支障)
  • 入院や通院が必要
  • 再発の可能性あり

ツラい思いしたのに再発ともなれば、程度によりますが、再手術となることもあり、悲しくなりますね・・・。

切らずに治療する方法

皮膚の切開をすることなく、外側からアポクリン腺を「破壊」する方法もあります。

ミラドライ

皮膚を切ることなく、ワキガや多汗症治療を行える機器を使います。片側20~30分の治療。

電子レンジなどで使われる、「マイクロ(電磁)波」を利用して、汗腺にダメージを与え、アポクリン腺、エクリン腺の機能をなくしていきます。

汗の量もおさえる

アポクリン腺、エクリン腺の両方に作用するので、ニオイ、汗の量とも抑えられることが期待できます。

ダウンタイムが短い

皮膚を切らないので、傷が残る心配もなく、治療後のダウンタイム(傷跡が元に戻るまで期間)も極めて短くて済みます。(入浴は3日ほど控える・シャワーは可)

施術後、圧迫固定の必要はありませんが、2~3日間アイスパックで冷やしておく必要があります。通院の必要なし。

子どもにも

体への負担が少なく、子供のワキガ治療にも対応します。

ビューホット

ワキ、デリケートゾーン、お尻、手のひら、足裏など全身ほとんど治療可能。

カートリッジに内蔵されている極細の針が、ワキ全体に熱を加えます。

汗の元であるエクリン腺と、ニオイの元アポクリン汗腺ともに破壊され、余分な汗とニオイをおさえます。

再発のリスク

再発のリスクは極めて低いです。ただし、成長期の若い人は、数年後に再発する可能性もあるとのこと。

温度が低いため効果が・・・

ビューホット施術は、ミラドライと比べて温度が高くないため、汗腺にダメージを与えることができない(効果が薄い)との見解もあります。

また、極細とは言え、針を使うので、患部に傷がつきます。(しばらくすると、徐々に薄くなって消えていくとのこと。)

ミラドライやビューホットは、1~2回の施術では、すべてのアポクリン腺を破壊することは難しいとされ、再発する可能性もあるとの見解も。

しかし、この点に関しては、各クリニックで導入されている機器や、医師のノウハウ・技術によってクリアされることもあります。

レーザー治療

レーザーを照射する施術で、ワキガのニオイの元になるアポクリン汗腺を破壊します。汗の量も大幅に軽減できるとされます。

切開しないため、患部に傷が残ることはなく、ダウンタイムもありません。施術後、圧迫や固定の必要もありません。

数回に分け段階的に

1回の治療でも効果はありますが、より確実な効果を求めるなら、回数を重ねる必要があります。

通常は3~4回の治療で、人に気付かれることがない程度まで、ニオイをおさえられます。

特別な状況の人は

スポーツをする人や、接客業など、人との距離感が近い場合など、特にニオイが気になるなら、6~8回程度の治療が必要なこともあります。

子どもにも

ミラドライと同様に、レーザー治療も体への負担が少なく、子供のワキガ治療にも対応します。

レーザーとかマイクロ波、高周波というのは、すごい技術なんだな・・・とは思いますが、体への影響が、どの程度のものなのか、よくわからないところは不安です。

長期間の継続治療ではないため、あまり神経質にならなくてもよいかも知れませんが・・・。また、汗腺を全部取ってしまって大丈夫なの?とも。

さいごに

治療を選択するなら、何回も受けて、費用が高額(20~30万円)になるけど、「レーザー治療」がいちばん心理面でのハードルは低いかなと感じます。

面倒でも、日々のお手入れ的に制汗・デオドラントを使って、対処していった方がいいかな・・・。ちゃんと効果の出るデオドラントがあれば、の話ですが。

追記 効果の高いデオドラントということで、人気が高まっているのが「パースピレックス」です。

参考>>ワキガを手術しないで治したいなら試す価値あり【パースピレックス】
タイトルとURLをコピーしました