幹細胞コスメの基礎 |ヒト幹細胞培養液とは? 成長因子の働き・効果・植物幹細胞との違い

最近話題の、そして、今後ますます期待される「幹細胞コスメ」「再生美容」について学んでみました。ヒト由来・植物由来の違い、効果など、まとめてみました。「サイトカイン」「成長因子」といった言葉に注目です。

幹細胞とは?(ヒト幹細胞)

人の体は60兆個ともいわれる数の細胞からできていて、筋肉や骨、臓器など、さまざまな役割をもっています。

常に細胞分裂を繰り返し、古い細胞が新しい細胞に入れ替わったりして、(新陳代謝)私達の体を維持してくれています。

幹細胞コスメ

体のいろいろな部分ごとに、役割をもった細胞があって、それらの細胞の「もと」になる細胞を「幹細胞」と呼びます。

幹細胞には次のような、2つの大きな能力があります。

細胞の分裂と分化

  • 自己複製能
  • 多分化能

自己複製能」は、細胞分裂して、自分と同じ細胞を複製する能力。

多分化能」は、別の種類のさまざまな細胞に【分化】する能力。

細胞の「分化」
細胞は「分裂」を繰り返すことで、数を増やしていきます。そしてさらに、役割に合った機能を身につけていくことを「分化」といいます。

皮膚の細胞、神経の細胞、骨の細胞、血液の細胞といった具合に、それぞれの役割をもつようになります。

細胞が、細胞分裂や分化を繰り返して、さまざまな細胞が集団になって、体のパーツを作っています。

皮膚の細胞なら

例えば「皮膚の細胞」という種類の「細胞の集まり」を作り出す場合、その「もと」になる細胞が「幹細胞」。

幹細胞の「幹」は、樹木の太い「幹(みき)」の部分から、枝分かれしていくイメージです。

幹細胞は、分化する前の細胞ということになり、他の細胞へと成長する能力をもっています。

細胞は修復力をもっている

例えば、ケガして肌が傷ついてしまった場合。傷口がふさがれ、何日か経てばキレイに治っているものです。

これは細胞分裂によって、新しい細胞が生まれて、新しい皮膚が再生しているから。

細胞に備わる、このような機能を取り入れて応用するのが「再生医療」や「再生美容」。

再生医療

幹細胞の働きを利用して、病気をしたり、ケガでダメージを負った部分に、移植したり修復させたりするのが再生医療。「ES細胞」「iPS細胞」で有名な分野ですね。

再生美容

再生「医療」の分野では、「幹細胞そのもの」を使いますが、美容分野では「幹細胞が分泌する成分」を培養(育てて増やす)した【幹細胞培養液】(幹細胞エキス)が使われます。

化粧品に、幹細胞そのものを使うことは、法律(薬機法)で認められていません。

「幹細胞コスメ」というのは、厳密にいうと「幹細胞培養コスメ」ということになります。

細胞そのものを使わないため、医療分野での「幹細胞治療」で心配される「癌化」の恐れもありません。

加齢・老化などの影響で、元気がなくなってきた(不活性化)細胞を、再び活性化させるのに役立つのが、幹細胞培養液。

荒れた肌や、老化した肌ほど、幹細胞培養液が有効に働くので、効果を実感しやすいわけです。

幹細胞培養液

幹細胞が増殖するときに、「成長因子」と呼ばれる成分が分泌されます。幹細胞培養液には、成長因子が濃縮されているのです。

幹細胞培養液

また、細胞の活性を促す「サイトカイン」と呼ばれる情報伝達物質など、多くの成分が含まれています。

情報伝達物質:細胞内や別の細胞と情報をやり取りする物質

その中には、従来の化粧品にはなかった新しい成分も含まれていることが解ってきました。

多くの成分が含まれるのは、幹細胞ならではの機能と言えます。

組織(同じ系統の細胞が集まって働く器官)の再生に働く成分は、生理的にもバランスがとれていて、アンチエイジングなどを目的にした化粧品に対して効率よく働いてくれます。

ヒト幹細胞培養液の効果

幹細胞を培養するとき、幹細胞から分泌される成分が「幹細胞培養液」。

この中には、500種類とも言われる数のタンパク質や、細胞を活性させる物質が多く含まれます。

「ヒト幹細胞培養液」の効果として、例えば、ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンといった成分の再生力を促進させるということが挙げられます。

その結果として、次のような効果が期待できます。

  • シワの改善や防止
  • たるみ改善
  • ターンオーバー正常化
  • 傷の治癒
  • ホワイトニング効果
  • 抗酸化作用
  • 発毛・増毛効果

培養液の中に含まれる様々な成分が作用しあって、相乗効果が生み出されます。

従来の化粧品との違い

植物の天然成分などを利用して、皮膚の水分や油(脂)分を「補う」ものが従来の化粧品。ヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧品も、成分を補うというもの。

対して幹細胞コスメなど、再生美容の分野では、細胞の衰えを改善することで、肌老化の根本的な原因にアプローチする方法です。

細胞が活性サイクルに入る

細胞が活性化することで、SOD(活性酸素を分解する酵素)や成長因子が増え始め、良い循環ができ、組織の再生を促すことが可能になります。

肌を若々しい状態に再生するという「次世代のスキンケア」と言われる理由です。

ヒト幹細胞培養液は、特殊な原料になるため、厳格な検査・管理基準が設けられています。

サイトカイン

サイトカインは、細胞活性の「カギ」となる情報伝達物質のことで、細胞の分化・再生を促します。

サイトカインがあるから、細胞は活性化することができます。幹細胞美容液が、従来の美容液と根本的に違う点は、サイトカインが多く含まれていることです。

化粧品の成分として注目されている、このサイトカインの一種に「成長因子」があります。

成長因子(グロースファクター)

成長因子は、「細胞増殖因子」とも呼ばれ、「成長ホルモン」を活性化させます。

私達の体は「成長ホルモン」というホルモンによって成長するのですが、思春期ごろをピークに減少してしまいます。

成長ホルモンが減っていくと、老化現象が起こります。健康面・美容面にとっては問題です。

そこで、「成長ホルモン」を活性化させる【成長因子(グロースファクター)】に活躍してもらうわけです。

肌に関する成長因子は?

細胞の種類によって、成長因子の働きは違ってくるのですが、肌に関する成長因子には、次のようなものがあります。(代表的なもの)

EGF(上皮細胞成長因子)

EGF(Epidermal Growth Factor):人が本来もっているタンパク質の一種で、皮膚のほか、唾液や母乳などにも含まれます。

肌の上皮(皮膚や粘膜)の成長・再生・修復をおこないます。新しい細胞の産生が促進されることで、ターンオーバーも進みます。

ターンオーバー
肌の新陳代謝・生まれ変わりのこと。20代で約28日周期、30代~40代は約45日、50代以上では60日近くかかる場合も。加齢によって新陳代謝が落ちるため。

ターンオーバーの周期が遅くなると、細胞の代謝が悪くなります。

不要になった角質の表面部分が、はがれにくくなって厚くなってしまうことで、「シミ」「くすみ」などが出たり、メラニン色素が肌に蓄積して「色素沈着」(皮膚の色が濃くなる)したりと、肌トラブルとして表面に出てきます。

ターンオーバーが正常に進むようになると、肌トラブルの改善、肌の老化予防、肌に透明感が出たり、ハリや弾力のアップも期待できます。

肌の表面には、EGFを受け取るための「受容体」が備わっています。ですから、EGFを補給することで、直接働きかけることができるのです。

もとはヤケドの皮膚再生分野に活用されてたEGF。傷ついた皮膚細胞を再生するチカラをもっているんですね。

FGF(線維芽細胞成長因子)

FGF(Fibroblast Growth Factor):こちらも人の体内にある因子で、タンパク質の一種です。

多くの種類の細胞に対して、さまざまな効果を発揮する、極めて重要な成長因子。傷ついた皮膚と粘膜組織の修復を促進します。

線維芽細胞

肌の弾力をつくるための細胞でもあり、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」といった真皮(上皮の下にある複雑な構造をしている部分)の成分を作り出します。

線維芽細胞の老化で肌老化

ヒアルロン酸やエラスチンにとって大切な「線維芽細胞」が減少すると、お肌は弾力を失います。「シワ」や「たるみ」を引き起こしやすくなってしまいます。

真皮に働くFGF

FGF成長因子は、真皮の「線維芽細胞」を活性化させることで、「シワ」「たるみ」の改善といった効果が期待されるわけです。

EGFとFGFの相乗効果

  • EGF:上皮に作用
  • FGF:真皮に作用

EGF(上皮細胞成長因子)が、上皮(表皮)に対して作用し、表皮細胞を活性化させるのに対して、FGF(線維芽細胞成長因子)は、真皮層に作用し、線維芽細胞を活性化。

皮膚の「外側の層」と「内側の層」の両方に働きかけるために、幹細胞培養美容液にはEGFとFGFがセットで配合されることが一般的になっています。

EGFとFGFの相乗効果を得られます。

相乗作用によって、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」といった重要な成分の合成を促進します。

年齢を重ねていくことで、減少していくEGF・FGFといった成長因子を補うことは、エイジングケアに有効なのです。

EGFやFGFは、化粧品の成分表示では「ヒトオリゴペプチド」と表記されます。
コラーゲン

骨や軟骨、皮膚などにあって、細胞と細胞を結び付ける役割をもつタンパク質。肌の弾力、ハリツヤを保ちます。

エラスチン

コラーゲンをつなぎ合わせるために必要なタンパク質で、ゴムのように伸び縮みする弾力性があります。

エラスチンがないと、肌のハリや弾力が失われてしまい、「シワ」「たるみ」の原因に。

ヒアルロン酸

皮膚や関節にある軟骨、目のレンズの後ろにある硝子体(しょうしたい:卵の白身のようにドロッとしている)などに多く含まれます。

潤滑作用や、クッションの役割を果たす、保水力に優れた成分で、肌のハリ・弾力・柔軟性を保ちます。

肌のハリ・ツヤ、弾力性、みずみずしさを保ち、シワ・たるみなどを遠ざけるためには、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」が特に重要です。

IGF(インスリン様成長因子)

IGF(Insulin-like growth factor):インスリンに似た構造をもっていることから、呼び名の由来となります。損傷を受けた細胞の再生を助ける作用があります。

「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」の産生を促進、肌のハリを回復させ、「たるみ」「シワ」の予防と改善効果を期待できます。

TGF(トランスフォーミング増殖因子)

TGF(Transforming growth factor):変異増殖因子。先に挙げた他の成長因子と同じく、細胞の分化を促すなど、重要な役割を果たします。

「TGF-α」と「TGF-β」があり、美容液に使われるのは、主に「TGF-β」。

抗炎症・創傷治癒

コラーゲンやエラスチンの構造を強化する働きがあり、肌の弾力を高める作用を得られます。

また、炎症をおさえたり、傷ついた皮膚を修復する作用があるなど、重要な役割を果たします。

配合される成長因子は、量が多ければいい、高濃度であればいい、というほど単純なものではありません。「ホルモンバランス」と同じように、バランスが崩れた状態ですと、体に悪影響が出てしまうリスクもあります。

化粧品として世に出るにあたり、色々な成分が配合されます。幹細胞の培養エキスも、量と質、バランスを考えられた、信頼できる化粧品を選びたいものです。

顔以外にも

EGFなど成長因子の成分は、人がもともともっているタンパク質なので、顔以外の気になるところにも使われます。

首まわりのシワやたるみ、ひじ・ひざのシミや黒ずみ、背中のニキビ、ニキビ跡、さらには頭皮・髪のダメージ、抜け毛にも効果的とされてます。

ヒト幹細胞と植物幹細胞の違い

ヒト由来の幹細胞と、植物由来の幹細胞では、大きく違います。ヒト由来の方が、人に使うには親和性が高いです。

植物幹細胞とは?

「幹細胞」は、植物にも備わっています。幹細胞をもとに分化して、根や葉などへと成長していきます。

植物がもつ幹細胞を培養する過程で抽出されるエキスを、「植物幹細胞エキス」と呼び、コスメにも使われます。

ヒト由来の「幹細胞培養液」と同じく、幹細胞を培養したときに出る培養液です。

成長因子や抗酸化物質(ファイトケミカル)などが含まれていて、人の肌に対しても良い効果を発揮します。

ファイトケミカル

ファイトケミカル(フィトケミカル)の「phyto」は植物「“chemical」は化学成分という意味です。植物が紫外線や虫などから、身を守るために作りだされる成分です。

ビタミン・ミネラルといった栄養素とは別の、「ポリフェノール」といった、健康面で役に立つ成分をファイトケミカルと呼びます。

抗酸化作用

ファイトケミカルの機能として重要なのが「抗酸化性」です。

私たちが食事から野菜や果物を摂ることで、「ポリフェノール」や「カロテノイド」、「イソチオシアネート」といった抗酸化物質を取り込むことができます。

植物幹細胞コスメでは、抗酸化作用をもったファイトケミカルを、人の肌老化への対策に活用することができるのです。

植物は強い生命力をもっています。植物幹細胞は、次のような品種から採取されます。

スイスの奇跡のリンゴ

「植物幹細胞コスメ」として、主に使われているのは、スイス産の「奇跡のリンゴ」と呼ばれるものや、「アルガンツリー」という樹木です。

奇跡のリンゴ

長期保存できるように改良され、収穫してから「4ヶ月経っても腐らない」というスイス産のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」。

皮膚の表皮幹細胞の栄養となり、紫外線対策になったり、年齢肌で弱った細胞を元気にしてくれたりといった効果を期待できます。

アルガンツリー

モロッコの砂漠地帯に生息する「アルガンツリー」は、気温差や乾燥の激しい過酷な環境で生きる、強い生命力をもっています。

種子から採れる「アルガンオイル」としても美容業界では有名です。

真皮細胞を活性化

そんなアルガンツリーの新芽からとれる幹細胞エキスは、皮膚の真皮にある幹細胞に働きかけます。

真皮という「肌の深部」に働きかけることで、肌を作り出す真皮幹細胞が新しい組織を再生する力を助けます。

肌にハリと弾力をもたらし、シワを減らしたり、皮膚が自己修復する機能を助けるなどの作用があります。

  • リンゴ:表皮への作用
  • アルガン:真皮への作用

「奇跡のリンゴ」と「アルガンツリー」は抗酸化作用が強く、保湿力にも優れているため、スキンケア化粧品として高い効能を期待できます。

ヒト幹細胞ほどの効果は?

優れた効能をもつ植物幹細胞エキスではありますが、人に使った場合、細胞間の情報のやり取りができません。

レセプターとリガンド

細胞間で情報のやり取り(情報伝達)をするためには、「カギ穴」に例えられる「レセプター(受容体)」と呼ばれる物質があって、そのカギ穴にピッタリ合う「カギ」となる物質( リガンドと呼ばれる)が結びつくことで、細胞の活性が始まります。

人とヒト幹細胞

人の細胞を活性化させるためには、ヒト由来の幹細胞エキスを使うことで、親和性(相性の良さ)が高まり、その役割が果たされます。

ヒト由来の幹細胞エキスには、レセプター(受容体・カギ穴)に合ったリガンド(カギ)となる成長因子(EGFやFGF)などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)が豊富に含まれているからです。

ですから、幹細胞であれば、どんな種類でも人の細胞活性効果を発揮するわけではありません。

植物幹細胞エキスの場合

植物幹細胞エキスには、人の細胞に対する情報伝達のためのレセプターやリガンドがありません。

そのため、人の細胞を活性化するほどには至らず、ヒト幹細胞培養エキスほどの効果は期待できないということになります。

抗酸化作用と保湿力

人の細胞を活性化させるほどの効果はないにしても、高い抗酸化作用と保湿力を生かしたスキンケア用途としては優れた成分です。

動物由来の幹細胞

ヒト由来・植物由来の他に、動物由来の幹細胞エキスもあります。

羊などの毛根やプラセンタ(胎盤)から抽出される幹細胞です。

動物幹細胞

羊が使われる理由は、病気になりにくいとのことで、他の動物よりも安全性が高いとされているから。

ヒト由来のプラセンタは医療用に限定されます。

動物幹細胞は、植物幹細胞より、ヒトの幹細胞に近いと言われますが、やはりヒトと動物は違うように、ヒト由来の幹細胞の方が、人に対しては親和性が高いです。

プラセンタは加熱処理

一般的な動物由来プラセンタは、殺菌のため加熱処理されます。(特殊な製法で非加熱のものもあります)

細胞の活性化に必要な「サイトカイン」「成長因子」は熱に弱いので、加熱処理をしているプラセンタエキスには、細胞活性効果は認められません。

生育環境が影響

動物の幹細胞の品質は、生育環境に左右されます。生育環境が良くないと、原料の安全性が低くなります。

原料の生育環境や加工法のチェックができないものは、安全性に不安が残ります。

動物由来の幹細胞原料は流通が少なく、幹細胞コスメでも見かけることは少ないのではないでしょうか。コスメに使われるのは、ヒト由来か植物由来が主流ということですね。

幹細胞コスメの基礎まとめ

従来のスキンケア用コスメは、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分を「補う」方法です。

これに対して、ヒト由来の幹細胞コスメでは、幹細胞培養液を浸透させ、表皮幹細胞、真皮細胞の両方を「活性化」させることで、肌を若々しくさせることを目的にしています。

細胞レベルでの効果を期待できるということです。

幹細胞コスメの真髄

新しい分野の「幹細胞コスメ」。その真髄(最も肝心な点)は、やはり「ヒト由来」の幹細胞コスメでしょう。

細胞を活性化

ヒト由来の幹細胞培養液には、人の細胞を活性させる「カギ」と「カギ穴」があります。

成長因子(EGFやFGF)などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)が豊富に含まれているため、人の細胞に作用して活性させることができます。

植物幹細胞

植物由来の幹細胞エキスは、人の細胞そのものを活性化させる効果はありません。

すぐれた抗酸化力や保湿効果によって、人の細胞に栄養を与え、弱った細胞を元気にしてくれる効果はあります。

植物は環境が整っていれば、かなり長く生きられる生命力・再生力があります。

この能力によって、人の細胞に栄養が与えられ、肌を若々しくすることが期待できるのです。

若いうちから対策

幹細胞コスメは、ある程度の歳を重ねた人向けというイメージがありますが、若いうちから使って年齢肌対策することは「自己投資」になります。

お肌の曲がり角

肌の変化や衰えを感じる「お肌の曲がり角」は何段階かありますが、25歳前後というのが一般的です。

ターンオーバーが弱まり、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、成長ホルモンといった、肌にとって重要な成分が減っていき、衰えていく一方です。

ですから、20代から対策しておくことで、30代・40代・50代・・・と年齢を重ねるほど、差が出てくるでしょう。

年齢肌の方が効果を実感

今すでに50代・60代でも、何もしないよりはいいですし、若い人に比べて効果を実感しやすいはずです。

衰えた肌に栄養や、細胞活性成分が作用するので、「その差」がわかりやすいからです。

ヒト由来の幹細胞は価格が高く、エステサロンなどの業務用が中心で、化粧品への採用は難しいものでした。

それが近年では、研究が進み、技術的にも向上することで、ヒト幹細胞培養液の化粧品は、一般消費者にも購入できるようになってきました。

今後ますます開発が進み、コストも下がり、普及していくことでしょう。

植物幹細胞は、「奇跡のリンゴ」や「アルガンツリー」の他にもいろいろな植物から採れますし、加工のしやすさもあって、ヒト由来の幹細胞に比べるとコストを抑えられる点がメリットです。

ただし、「幹細胞」といっても、ヒト由来と植物由来では、まったくの別ものであるという点は知っておかなければなりません。(人間と植物は大きく違う生き物)

それぞれの特性を知った上で、ご自身の目的に合ったコスメ選びが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました