ミケンディープパッチ | ヒアロディープパッチを眉間のシワ用に効果を高めた【塗るボトックス】

ガンコな「折れグセ」「表情筋グセ」。眉間のシワには専用の対策品「ミケンディープパッチ」。大人気マイクロニードルのヒアルロン酸パッチ「ヒアロディープパッチ」のシリーズ品。
「ヒアロ」とは違う成分で「ミケン」ならではの効果を期待できます。
お肌の保湿にUVケア、ちゃんと手入れしているのに・・・シワ(というか溝)が気になる!その原因は、別のところにあるかもしれません。

シワの根本的な原因は?

肌の潤いを保とうとする「ヒアルロン酸」が不足することが、シワの根本的な原因の一つ。

「貼るヒアルロン酸(刺すヒアルロン酸))」としてシリーズ化された最初の「ヒアロディープパッチ」は、乾燥からくる顔の小ジワを目立たなくするアイテムとして大ヒット。
関連記事ヒアロディープパッチの評判が良すぎてステマの疑い!?

ヒアロディープパッチとの違い

「ミケンディープパッチ」と「ヒアロディープパッチ」では、ヒアルロン酸がメインの成分なのは同じですが・・・。

ヒアロディープパッチは、目の周りの小ジワ・ほうれい線向け。

ヒアルロン酸以外にも、「ヒアロ」「ミケン」それぞれの悩みに合わせた成分配合になっています。

また、パッチを貼る部位が違うので、針の長さや、針と針の間隔も変えています。

用途に合わせて使い分けできる

「ヒアロディープパッチ」は、皮膚が薄くて柔らかく、潤いが保ちにくい「目元」「ほうれい線」に合わせて、細かな針(ニードル)が密集したカタチになってます。

「ミケンディープパッチ」の方は、皮膚が厚くて「折れグセ」が深くなってしまう眉間に合わせて、長く大きめのニードルになってます。

悩みに合わせて使い分けできるので、より効果を高めることが期待できるというわけです。

「刺す化粧品」シリーズを、同時に使ってもOKです。パッチ同士が重ならないように気をつけます。

眉間のシワに効果を高めたミケンディープパッチ

眉間(みけん)に刻まれた、「折れグセ」がついたシワに、高濃度ヒアルロン酸などの美容成分がアプローチ。

表情筋のクセ

目や口、鼻などを動かす筋肉「表情筋」。

表情筋が硬くなると、額の横ジワ、眉間の縦ジワ、目じりの笑いジワなど(表情ジワ)が繰り返されることで、皮膚に折り目がついていき、元に戻りにくくなります。

ミケンディープパッチの効果

「眉間のシワ」という悩みに合わせた「ミケンディープパッチ」ならではの美容成分として、「表情筋のクセ」への効果が期待できる「アルジルリン」という成分が配合されています。

塗るボトックス

「アルジルリン」は、ボトックス注射の代わりとして、スペインで開発されました。

美容先進国スペインでは、ボトックス注射は副作用も含めて安全性に不安があるとして、法律で禁止され、ボトックスと同様に働くシワ対策の成分の開発の必要性に迫られたのです。

表情ジワを軽減

注射で処方されるボトックスとは違い、皮膚に塗るだけで済む「アルジルリン」は、筋肉の緊張をほぐす作用があることから、表情ジワを軽減させる効果を期待できます。

ボトックス注射と同様の働きはしますが、アミノ酸系の植物由来の成分ということで、副作用の報告もなく、安心して使えるのがメリットです。

「アルジルリン」は、「ミケンディープパッチ」での成分表示名は「アセチルヘキサペプチド-3」となっています。

よく聞かれる「ペプチド」という言葉。アミノ酸が2つ以上結合したもので、50以上になると「タンパク質」と呼ばれるようになります。

私たちの体はタンパク質からできている部分が多く、例えば皮膚に関する成分「コラーゲン」も、タンパク質の1種です。

ペンタペプチド-18

表情ジワを軽減させる効果のあるペプチドで、「アルジルリン」の効果を高める働きがあります。

筋肉をゆるめ、シワを目立たなくするという相乗効果を得られます。

高濃度に配合された「ヒアルロン酸」「アルジルリン」「ペンタペプチド」を「マイクロニードル」(微小な針)という方法で、効率的に浸透させるのが「ミケンディープパッチ」の特長です。

予防策としても

眉間のシワは、表情筋による「クセ」で、溝のように深くなってしまいがち。

悩みが深くなる前に、予防策として使うことも有効です。

ミケンディープパッチは効果なし?

「刺す化粧品・ディープパッチ」シリーズは、とても評判がよく人気商品ではありますが、100%すべての人が「大満足!」というわけにはいきません。

これは、他のどんな商品でも同じです。人によって体質など、さまざまな条件が関わり合って、「合う」「合わない」がありますので。

ディープパッチの悪い口コミは即効性を求めすぎ

「刺す化粧品・ディープパッチ」はどの商品も、続けるほど効果が上がるものです。

1回使って「効果なし」という人がいますが、無理があります。

確かに1回の使用でも、「潤いを実感」といった、ちょっとした進歩は見られますが、「悩み解消」とまではいきません。

逆に、1回使っただけで、ものすごい効果があるなんていう方が、ちょっと怖くありませんか?

2~3ヵ月じっくり継続

眉間部分の深い「年齢サイン」は、表情筋のクセによって「溝」にまで深くなってしまったものですから、根気よく継続的に使っていくことが大切です。

使うほどに効果が上がる

多くの人は、2~3ヵ月以上の継続で、変化を実感しています。

使い始めて最初は大したことないかも知れませんが、続けていくうちに段々と良くなっていくプロセスを感じられるようになるでしょう。

アドバイザーに相談

思うような効果が上がらない場合や、わからないことが有れば、販売元「北の快適工房」の「スキンケアアドバイザー」に相談できます。(メール・電話)

たくさんの顧客から寄せられた話をもとに、ご自身では思いもしなかった良いアドバイスをもらえるかも知れません。

ディープパッチは楽天での取り扱いがあります。「北の快適工房」公式ショップが入ってます。

Check!>>ミケンディープパッチ【楽天】

また、少しでもお買い得な購入方法としては、公式サイトからになります。ご都合に合わせてどうぞ。

公式サイト>>【刺す化粧品】ミケンディープパッチ

タイトルとURLをコピーしました