オデコディープパッチは、ヒアロディープパッチを おでこ専用にしたヒアルロン酸を刺す化粧品。

大人気の「刺す化粧品」シリーズに、「おでこ専用」が登場。ほうれい線や目の下のケア用『ヒアロディープパッチ』や、眉間専用の『ミケンディープパッチ』のユーザーから、
「額をケアできる刺す化粧品がほしい」との要望が多く寄せられ、ついに登場したわけです。

東証一部上場企業で、モンドセレクション受賞歴多数の「北の達人コーポレーション」が開発・販売する「北の快適工房」ブランドです。

オデコディープパッチ

おでこ専用【オデコディープパッチ】は、額(おでこ)の成り立ちや皮膚の厚みに合わせて、試作を繰り返して作られました。

おでこ専用のワケ

額(おでこ)の皮膚は、厚みがあり、シワができると、クセみたいになってしまい、なかなか消えなくなってしまうものです。

ですから、美容液を塗ったりパックをしても、成分が浸透しにくいのです。ケアをしていくにも相当な時間がかかります。

おでこの形

額(おでこ)は、面積が広くて、形はゆるやかな曲線です。その形状に合わせて、シートを大きくして、針の配列も考えられています。

針の1本1本が、しっかり溶け出し、肌に美容成分が広がっていき、額のシワに対して広く深くアプローチできるようになっています。

ヒアルロン酸を刺す化粧品

これまでの美容コスメの問題を解決するべく作られたのが、「刺す化粧品」。ヒアルロン酸を主成分とした美容成分を、針のように固めてシートにしました。

分厚い額の皮膚に、美容成分が刺さることで、高濃度のまま浸透します。

針そのものが美容成分

針自体が、ヒアルロン酸を主成分とした美容成分からできていて、針が皮膚で溶け出すことによって、浸透性が高まるという仕組み。

美容成分は、針の部分だけでなく、シート部分にまで広がりますから、広い面積をカバーできます。

痛くないの?

「針」とか「刺す」と聞いて、「痛いんじゃない?」と思いますよね・・・。でも、痛みは多少チクチクする程度です。

肌の状態や刺激の感じ方には個人差があり、チクチクした感触を感じない人もいるぐらいです。「痛気持ちいい」という口コミも。

ヒアロディープパッチの方がチクチクする?

ほうれい線や目の下ケア向けの「ヒアロディープパッチ」は、「オデコディープパッチ」よりも針が密集していて、よりチクチク感があります。

それでも、生産が追いつかないほどの人気ですから、多くの人が、痛みに関しては許容範囲というわけです。

シートを肌に貼ると美容成分が溶け出し、なじんでいきますので、「痛い!」というほどの刺激ではありません。

ですから、「痛いのコワい!」という心配はいらないです。

使用を避けた方がいい人

過去にパッチタイプの絆創膏(ばんそうこう)や湿布などで、肌トラブルの経験がある場合は、使用しない方がいいかも知れません。

アレルギーがある場合は?

まず、全成分を確認してください。

オデコディープパッチ:全成分
ヒアルロン酸Na、グリセリン、プロパンジオール、キバナオランダセンニチエキス、ベルノニアアペンジクラタ葉エキス、水、ペンチレングリコール、レシチン、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、エタノール、レチノール、ポリソルベート20、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、リン酸K

アレルギーが起きにくい材質を使っていますが、貼り付けるタイプで過去に肌トラブルの経験がある場合は、使うのを避けておくか、成分についても含めて、医師や薬剤師に相談してみてください。

貼り付ける部分に肌トラブル

パッチを貼る所に、傷や炎症、湿疹などのトラブルがある場合は、治まるまでは使わないようにしておきましょう。

ヒアロディープパッチとの違い

目元やほうれい線に特化した「ヒアロディープパッチ」とは、配合成分から形状、針の長さや配置まで違います。

それぞれの部位に適した設計がなされているわけです。

「ヒアロディープパッチ」を、おでこに使うこともできることはできますが・・・やはり、「おでこ」には、おでこ専用の「オデコディープパッチ」を使うことに意味があるのです。

公式サイト>>オデコディープパッチ

オデコディープパッチの使い方

週に2回を目安として、寝る前に貼り付けます。お手軽カンタンな使い方。

洗顔 → 化粧水 → 美容液・乳液 → クリーム → オデコディープパッチという順番です。

油分の多いクリームを使うと、オデコディープパッチが密着しにくくなります。

クリームを使う場合は、パッチを貼ったあとに、パッチ部分を避けるように塗るといいでしょう。

寝てる間に成分が浸透していきますので、起きたらパッチをはがし、洗顔します。

基本的には寝ている時に使いますが、日中でも問題ありません。ただし、メイクしたままではなく、洗顔 → 化粧水などで肌を整えてからにします。

5時間以上は貼りつけた状態にしてください。

使うときの注意点

週に使う回数を増やせば、効果も高まるかも知れませんが、細かいとはいえ針を使ってますから、頻繁に使うと刺激が強すぎてしまう可能性もあります。

頻度としては、1日以上の間隔を開けるようにしましょう。

傷や炎症など

先にも書きましたが、パッチを貼る部分に、切り傷・すり傷・炎症・湿疹などのトラブルが出ている場合は、使用を控えてください。

オデコディープパッチは敏感肌でも使える?

「オデコディープパッチ」は、第三者機関においてパッチテスト合格済み。

敏感肌でも使えるように考えられていますが、普段から化粧品でトラブルが起きやすい人は、成分チェックをするなど、事前に検討してみてください。

妊娠中や授乳中は?

妊娠中・授乳中でも使えます。

年齢性別にかかわらず

「オデコディープパッチ」は、年齢を重ねた人に起きやすい悩みをサポートする商品ですが、幅広い年代の人が効果を実感しています。

男性も悩んでいる

おでこのシワについては、男性でも気にしている人が多いです。ぜひ男性にも使ってもらいたいと思います。


Check!公式サイト



タイトルとURLをコピーしました